初対面で

出会いを求めて恋活や婚活をしている場合、初対面の異性と会うのは誰でも多少なりとも緊張するものです。
友達のように最初から親しげに話せる人というのはそう多くはありません。
緊張して普段どおりの自分をアピールできない人がほとんどです。

ですが初対面というのはとても大切なもの。
人は最初に会った十秒ほどの内に初対面の印象を決めてしまうと言われています。
第一印象をくつがえすのはそう簡単なことではありません。
最初から100%以上の自分をアピールすることは難しいものですが、せめて悪い印象は与えないよう気をつけましょう。

少しでもいい印象を持ってもらうためにはまず清潔感と話し方、表情が大切です。
清潔感とはもちろん身だしなみのことであり、伸びっぱなしの爪やぼろぼろの靴なども注意しましょう。
会話をするときにはしっかりと相手の話を聞き、相槌を打ちます。
言葉がうまく出てこないときにはまず相手の言葉を繰り返し、ちゃんと聞いていることを伝えましょう。
いいことを話そう、アピールしよう、と考え過ぎるよりも、相手の話を引き出すよう意識します。

メールのやり取り

初対面で気が合えば連絡先の交換をする方も多いでしょう。
しかし連絡ツールが簡単になったとはいえ、
メール一つを送ることにも、礼儀やマナーが必要です。

現在チャット感覚でメールをし合う事が多い学生の場合、
夜中であっても早朝であっても自分の好きな時間に送る事が出来ます。
しかしこれが電話だったら?簡単には連絡が出来ないはずです。

初対面であれば、少し気を使う事も当たり前に出来ますが
仲良くなればなるほど、連絡手段に礼儀やマナーが必要なのです。

またいきなり音信不通になってしまうのもご法度。
自分の都合がつかない…という場合やバイトが忙しいという理由で
何日も返信をしないというのは自己中心的になってしまいます。
お相手の気持ちを考えるのであれば、
忙しいという言葉や落ち着いてから連絡を取りたいという事を
しっかりと伝えておく事が大事です。

またメールを送る事に慣れている学生の場合、
就職活動で必要なメールを送る際に、きちんとした言葉遣いが
出来るよう教養も高めておくとしっかりした人と見受けられます。